トレーダーで稼げる手法をその道のプロが公開

トレーダーで稼ぐとは?

デイトレードを継続的に行う者を「デイトレーダー」と言う


本業としている者を「専業デイトレーダー」、兼業している者を「兼業デイトレーダー」と言うこともある。
日中に頻繁に売買する点をさして、日計り専門でないスイングトレーダーも含めてデイトレーダーと呼ぶことが多い。
かつて日本語ではこれらを相場の一勢力としては「日計り筋」と呼ぶ事が多かった。

 

デイトレード(day trading)とは・・・

主に個人投資家による株式・債券などの日計り取引である。
主に株式・債券取引や外国為替証拠金取引 (FX)、商品先物取引、差金決済取引 (CFD)、
株価指数先物取引など市場流動性の高い取引において行われる事が多い。

 

 

 

Black AI・ストラテジー FX - ブラストFX -

 

ほったらかしで利益を生み出す「全自動決済機能」

 

 

 

全9個のスペシャル特典をプレセント(総額9万円相当)

遠隔操作サポート付き(180日間)

回数無制限の徹底サポート付き(180日間)

Black AI・ストラテジー会員専用のメールマガジン

 

 

 

 

 

 

株ドカン

 

 

 

 

 

Platinum Kubera FX(プラチナクベーラFX)
稼ぎながら学ぶPLATINUM FXシリーズ第二弾
6ロジック搭載で新登場
異なる相場・局面を得意とする6種のロジックが相互補完し、
大きく負けにくく、安定しやすい事を目指したポートフォリオ

PlatinumKuberaFX(プラチナクベーラFX)

 

 

 

 

 

 

 

 

パラダイムトレーダーFX

 

 

 

 

 

 

★日本人特権★神風トレードシステム

 

 

 

 

 

 

 

「1か月で5000万円稼いだトレーダーが伝授」成功者続出!!初心者から片手間で月300万円稼ぐ株式投資錬金術

 

 

 

 

 

トレーダーという職業

トレーダーという職業は?


デイトレードを生活手段とするために、他に職業を持たない専業トレーダー(投機家)が多く現れた。
彼らは自己資金で相場を張る点で証券会社や投資顧問会社の従業員トレーダー(会社員)ではない。
また証券取引所の会員権を持たないという点でいわゆる「ローカルズ」とも異なる個人トレーダーである。

 

専業トレーダーの中には、大学を卒業後に就職せずに専業トレーダーになる若者もいる。
実家の資金を借りて投機に当てたり、専業主婦が副業として夫の稼ぎでトレードに取り組むなど、
間接的な資金提供者を持つ者もいる。
アルバイトなどで得た自己資金を担保に仕事として取り組む者、デイトレードをアルバイトの代わり程度として捉える者、
ニートだが引きこもりながら収入を得る手段として行っている者、会社員から転向するものなど、実態は様々である。

 

日本の地方部の場合では、公共事業の削減や人口流出などを原因にして、通常の事業活動に投資するよりも
事業を縮小・売却して、得た資金で株式投資などに充当する者もいる。
代々の家業を廃業して投機に参入する例がある。
また株式市場が高度に匿名性が保証されていることを利用して、暴力団などが仕手となり利益を獲得する舞台として
利用することがある。

 

個人トレーダーの最上位クラスの人間からは、年間の獲得利益が数十億円にも達し、
証券会社の従業員ディーラーの所得より高いものが生まれている。
その一方、専業トレーダーを自称しながらも投資資金を急速に失い市場から退出させられてしまう個人投資家も多数発生している。

 

専業トレーダーが仲間で投資会社を設立したり、あるいは有力な投資家・証券会社に専属ディーラーとして
雇用されたりする場合がある。また逆に雇われディーラーが個人トレーダーとして独立する例もある。

 

DMM FXは国内口座数第1位

※2016年2月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2016年2月口座数調査報告書)

株価チャート

株価チャートは株の基本とも言えます。
初心者が見ても今までの株価がどのように動いたかが、ビジュアル的にわかるようになっている優れたものです。

 

昔の株価がどう動いていようが、そこから今後の株価の動きの予想ができなければ意味がありません。
株価チャートはあくまで判断の材料であり、絶対的なものではありませんが、株価チャートの基本的な見かたを覚えておくと
投資の判断の効率は飛躍的に上がるでしょう。

 

あなたが株を買いたい会社を見つけた場合、インターネットで株価チャートを見ることによって
その株の過去の値動きが見れます。

 

株を買うときは「タイミング」が大事です

 

たとえどんなに優良な会社でも、株価は上がったり下がったりするので、
せっかくいい会社を見つけても株価の基準が高いところで買ってしまっては
あまり値上がりは期待できません。

 

逆に、あまり業績の良くない会社でも、株価チャートを見てあきらかに値下がりしすぎている地点から
上昇しだしたところであれば、今の株価は下がりすぎなのでその会社の業績に見合った株価まで
値上がりする可能性があります。

 

「株価チャートを学習する」ということで、はじめにローソク足について紹介します。
ローソク足は、そのあらわす期間の始値(はじめね)・終値(おわりね)・高値(たかね)・安値(やすね)と上ひげ・下ひげで構成されています。 

 

始値…その日の最初についた株価(寄り付き)
終値…その日の最後についた株価(大引け)
高値…その日についた最も高い株価
安値…その日についた最も安い株価

 

慣れてくるとパッと見ただけで、株価の状態が把握できるようになります。
ローソク足の一定期間分を横に並べると、株価の全体の流れもつかみ取れます。
覚えておくと大変便利です。

 

テクニカル分析(株価の値動きから投資判断をする分析方法)

株価チャートの流れや株の値動きを見て投資の判断をします。
株価の値動きを見て売買をするので、チャートという形でビジュアル化されていないと
売買のポイントを見つけることすら困難です。

トレードで勝つコツ

FXで勝つために本当に重要なのは

 

勝率 + 【リスク:リワード】のバランス

 

なのです。

 

このポイントを理解されていない方があまりにも多すぎます。

 

例えば、証拠金に対して
1回のトレードで1%の資金を使い15回トレードしたとします。

 

このとき、勝率60% リスク:リワード=1:2
でトレードした場合、15回での利回りは12%になります。

 

次に、勝率70% リスク:リワード=1:1
でトレードした場合、15回での利回りはいくらになるでしょうか?

 

実はこの場合ですと、利回りはわずか“6%”のみとなってしまうのです。

 

つまり、いくら勝率が高かったとしてもリスク:リワードのバランスが悪ければ
利回りも下がり、効率的に利益を得ることが出来なくなってしまうわけです。

 

残念ならが多くの方は商材を選定する際に、この勝率にばかり注目してしまいがちですが、
「勝率 + 【リスク:リワード】のバランス」について具体的に説明している商材はほぼ皆無です。

 

これが、従来までのFX商材の“落とし穴”なのです。

 

投資で勝つために必要なことは、安く買って高く売ることですが、
中でも最も利益が取れるのは、相場が一番下がったところでエントリーすることです。

 

通常、相場が大きく下がったところでエントリーすることに対して
多くのトレーダーはリスクが大きく感じます。

 

その為、ほとんどの方は順張りで取引を行います。

 

しかし、本当に勝っているプロは『逆張り』で取引を行っているのが現状です。

 

なぜならば、『逆張り』こそがリスクを最小限に抑え、
大幅な利益を狙えるトレード手法だからなのです。

 

このスタイルのトレードによって大きな利益を狙うためには、
下降から上昇に変わる転換ポイントを予測出来なければなりません。

 

逆にこの転換ポイントが分からなければただ大きなリスクを取るだけの
無駄な取引として終わってしまいます。

 

株式投資をしているとよく
「そんなギャンブルみたいなことして大丈夫??」と聞かれることがあります。
株をギャンブルのようなものと勘違いしている方も少なからずいるかもしれません。

 

ギャンブルとは大きく違います。

 

例えば、競馬や競輪のようなギャンブルであれば、 一度馬券を購入すれば、
あとは結果を待つのみです。
負けてしまえば紙くずです。
購入した金額がすべてマイナスとなります。

 

「負けたので、やっぱりキャンセルします。」
なんてことはできません。

 

でも株式投資は、利益が見込めなければ売ることができます。
つまり負けすらもコントロールできるわけです。

 

勝ちを大きくすることばかりに目が行きがちですが、
負けを最小限にすること、これも大切なことです。

 

FXは確かに注意が必要な取引です。
FXはギャンブルのように扱う人がいるのも事実です。
実際ネット上では夢のようなFX成功話で溢れています。
それをその通りに信じてしまって、大穴狙いの巨額な取引をするのはとても危険であり
FXで稼ぐ夢を途絶えさす行為と言えます。
地道に自分のペースを崩さずにトレードが出来る人が、FXでは成功する人なのです。

 

しかし、どんなビジネスにも危険がつきものですから、不必要に怖がる必要もありません。
怖がっているだけでは何も始まりません。
実際、他のビジネスでは顧客や取引先との信用問題で思わぬ落とし穴があるときがあります。

 

しかしFXの危険性は、自分自身にあるのです。

 

「大きな利益を得る可能性は大きな損失を受ける可能性に等しい」

 

というのは、しっかりと覚えておくべきFXの鉄則です。

 

レバレッジを大きく使い、ロット数を増やせば一度に大きく儲けることができます。
これは当然ながら、逆に大きな損失も一瞬に生じかねないことを意味しています。

 

だからこそ、実績のあるしっかりとしたルールに従って取引をする必要があります。
ルール通りにトレードすることで、しっかりと利益を上げられる可能性が高まります。

 

 

 

FXで不労所得は可能か?

FXなどの自宅で出来る投資に関係して耳にする「不労所得」という言葉・・・
なんて魅力的な言葉なのでしょうか。

 

「不労所得」とは、文字通り「労することなく得る収入」です。
世の中には印税や不動産の賃貸などから来るもの、利息で生活など特殊な環境にいる人が、
実際にその不労所得を得ているのが実情であります。

 

FXで不労所得を得ることができるのか?

 

簡単に言えば、FXは不労所得を可能にするための手段とはなり得ますが、
このFXの取引そのものは不労所得にはなりません。

 

実際短期トレードでは、PCとにらめっこをしてチャートを眺め、
テクニカル分析をしてトレードチャンスを伺い、それでもエントリーをして含み損 を被ったり、
その含み損を損切りするか戻るまで待つのかという判断を下さなくてはなりません。

 

精神的にもかなり疲労があるものであり、不労所得と言えるものではありません。

 

ですから、軽い気持ちでトレードを始めてしまうと、とんでもない損失を受けかねません。
基本的には、FXはしっかりと勉強をして、地道な取引を積み重ねていくものなのです。
一度ごとの取引額は大きくなりえますが、野菜の売り買いや文房具の売り買いといった商品が
ただ通貨になっただけの違いと考えるべきなのです。

 

FXはギャンブルのように扱う人がいます。
インターネット上では夢のようなFX成功話が飛び交っています。
それを真に受けて、大穴狙いの巨額な取引をするのはとても危険です。
一攫千金が可能になりそうなときにも、地道に自分のペースを崩さずにトレードが出来る人が、

FXでは成功する人なのです。

 

危険性をしっかりと踏まえたうえで行えば、FXは怖いものではありません。
費やしたお金以外を失うことはありません。
その点は安心して取り組める投資方法とも言えます。
FXはちょっとしたポケットマネーなどの少ない資本を証拠金として、
比較的大きな金額の取引ができるというのが魅力です。

 

繰り返しになりますが

「大きな利益を得る可能性は大きな損失を受ける可能性に等しい」という
FXの鉄則は、忘れずに覚えておいて下さい。

 

人気のトレード教材

”1か月で5000万円稼いだトレーダーが伝授” 成功者続出!!初心者から片手間で月300万円稼ぐ株式投資錬金術

 



《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

 


【利益50万円保証】パラダイムトレーダーFX

 


【支持されて5周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、最速のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版

 

 

 

リスクは回避できるか?

FXなどは確かに注意が必要な取引です。

 

仮に一生懸命貯めた400万円を入金したとします。
レバレッジを25倍に使えば(1米ドル=85円と仮定して)約100ロット(100万通貨)の取引が出来ます。
この場合1銭の利益で1万円の利益を得ることが出来ます。1円で100万円の利益です。

 

しかし、逆に1銭で1万円、1円で100万円の損失を受けてしまうのです。
ボラティリティーの高い時などはドル/円でも3〜5銭ずつ変動し、1円なんてあっと言う間に変動してしまいます。

 

そして、あっと言う間にロスカットに掛かってしまい、一生懸命貯めたお金を一瞬にして失うことになってしまいます。
結果、次のトレード資金をも失ってしまうのです。

 

危険は避けることが出来ます

 

欲を押さえて、証拠金に見合ったロット数での地道なトレードを続けてさえすれば、
予想外の損失は避けることができます。

いわば自分との戦いです。

 

また、取引そのものが無料のFX口座を使っていれば、
何度かの取引を繰り返しても費用がかからないので、
とにかく費用をかけずに取引をすることも可能です。

 

特にデイトレードやスキャルピングにやさしいFX会社は、とにかく費用の掛からないようになっています。
また、FXでは通常1万通貨単位からの取引ですが、1,000通貨単位から取引できる業者もあります。
中には100通貨単位で取引できるマネーパートナーズもあります。
デモトレードでは得ることの出来ない経験を低リスクで体験できます。

 

FX業者の中にも確かに不安定さを見せている業者が存在するのも事実です。
不安定要素となるのはオンライントレードでのリスクとなる約定能力の低さと経営悪化による倒産の可能性などがあります。
さすがに業者の経営状態の把握は難しいですが

倒産した場合の証拠金の保全状態を示す信託保全が100%の業者を選ぶと安心です。

 

このように、FXは簡単にはじめることはできますが、適当な知識で始めることはお勧めできません。
少なくとも、このサイトで勧められているような心得をしっかりと確認し、FX取引を始めるための手順を参考にしてください。
そうすればきっとあなたの取引も安全な、そしてしっかりと目的にかなったものにすることができます。

 

売れているトレード教材

”1か月で5000万円稼いだトレーダーが伝授” 成功者続出!!初心者から片手間で月300万円稼ぐ株式投資錬金術

 



《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

 


【利益50万円保証】パラダイムトレーダーFX

 


【支持されて5周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、最速のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版

もっと豊かになろう

あなたは、今よりももっと豊かになっていいのです。
お金を稼いでいいのです。

 

世界人口のうちたった2%に満たないにも関わらず、
世界の富の半分以上を牛耳るといわれる、
ユダヤ人5,000年の格言で、こんな言葉があります。

 

人を傷つけるモノが三つある。

 

悩み、いさかい、空の財布

 

その内、空の財布が最も人を傷つける。

 

『お金がないこと』。
これは、私たちの人生に強烈なダメージを与えます。

 

『お金がないこと』が原因で、犯罪が生まれます。
『お金がないこと』が原因で、夫婦げんかが起こります。
『お金がないこと』が原因で、会社のトラブルは起こります。
『お金がないこと』が原因で、大切な人を助けられません。
『お金がないこと』が原因で、貧乏で惨めな人生をおくることになります。

 

逆にいえば、お金があって、自由な時間もたっぷりとあれば、
誰と争うこともなく、ケンカをすることもなく、
人に親切にすることもできるのです。

 

お金があって、時間のゆとりがあれば、家族に今よりも優しい言葉をかけることができます。
お金があって、時間のゆとりがあれば、今よりも親孝行することができます。
お金があって、時間のゆとりがあれば、今より友人を大事にすることができます。

 

人気のトレード教材

”1か月で5000万円稼いだトレーダーが伝授” 成功者続出!!初心者から片手間で月300万円稼ぐ株式投資錬金術

 



《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

 


【利益50万円保証】パラダイムトレーダーFX

 


【支持されて5周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、最速のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版

 

DMM FXは国内口座数第1位

※2016年2月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2016年2月口座数調査報告書)


FX業者 トレード用語集 デイトレード教材比較 トレード心得