トレーダーから信頼されている「満州中央銀行」氏

トレーダーにとってSNSは不可欠に

「今や投資に不可欠」とも言われるツイッター(Twitter)やフェイスブック(FB)。
企業や情報ベンダー、有名トレーダーから発信される情報を、
株式やFXなどトレードの参考にしている投資家も多いだろう。

 

その中でも、トレーダーから信頼されているツイッターアカウント「満州中央銀行」。
それにしても個性的な名前過ぎて、まさか投資に有益な情報が発信されているとは
最初、誰も思わないだろう。

 

しかしここから発信されるのは、相場を動かす重要な情報である。

 

主要国の経済指標や国内企業の業績発表。
日に数十回に及ぶツイートには速報性があり、
なおかつ重要性の高いニュースが選別されている。

 

「満州中央銀行」の運営者。彼はいったい何者なのか。

「満州中央銀行」の運営者

「満州中央銀行」運営者のトレードルームに入ると、まず驚くのがモニターの数。
デスクに設置された6台のほかに、ブルームバーグなどの情報が映し出されたTVが四方八方に並べられている。

 

これなら部屋のどこにいてもニュースが目に入るだろう。
次々と流れていく膨大なニュースの中から、面白い情報を瞬時にとらえ、発信しているようだ。
なぜここまで情報にこだわるのだろうか。

 

実は彼は、証券業界紙に勤務していた経験を持っている。
若くして重要なポストに抜擢された敏腕記者だった。
ツイッターの発信スピードや正確さはその時の経験からだろう。

 

たった7万円の軍資金を、億単位までに増やしたというが、
おそらく、その情報分析力を活かした投資手法が生かされたのだろう。

「外国人投資家の立場になって」予想

彼が得意なのは、ニュースなどの「情報が出た瞬間」の「順張り」である。
ただし、順張りといっても、「株価が動いた方についていけばいい」という単純なものではない。

 

「わからないことはやらない。だから情報が大事。途中で状況が変わることもあるので、
あらかじめニュースを積み重ねて流れを把握しておく必要がある」という。

 

例えば、業績発表のタイミングでトレードする場合、内容だけではなく、
相場全体の地合いや市場コンセンサスとの「かい離」、「株価への織り込み度合い」などが影響する。
そのため、発表後の値動きはとても読みづらい。

 

だが、彼はあらかじめ「数百社の業績に関する報道を、最短でも1カ月は遡って調べている

外国人投資家が重要視する営業利益ベースであり、『このぐらいの数字が発表される必要がある』という
水準を導き出し、売り買いどちらの注文も出せる準備をして、業績発表の瞬間を迎えるそうだ。

 

業績発表の集中日は、400社近い企業が決算発表を行う。
そのため、出来高が多く、板が厚い銘柄を選んで準備するという。
時間も根気もいる大変な作業だ。

 

注意しなくてはいけないのは、業績と同時に自社株買いや増配を発表する場合もあるので、
リリースは全て目を通すこと。
最初の値動きが予想の範囲内でも、その後で盛り返してくることもあるからだという。

万全な準備が必要

事前準備が出来ているからこそ、瞬時の判断力が活きてくるのだろう。
「満州中央銀行」氏の業績発表のタイミングでの勝率は8割を超えている。

 

次に大事なのがポジションを持ったあとだ。
「損切りは早いが、利確(利益確定)は苦手。だから、常にどこで逃げようかを考えている」という。

 

利益を確定しかかる時とは、「もっと利益が伸ばせるのではないか」と欲を最も強く感じる瞬間だ。
だからこそ「ターゲットは、時間と価格で決めている。ポジションを持った10分後に手仕舞うか、
株価が一番高値(安値)をつけたところからマイナス20%になったら利益を確定」する。
機械的にするのが得策なのだろう。

 

彼の手法は、自分がより高い確率で利益をあげられるよう万全の準備をする。
コツコツ利益を積み上げていく方法だ。

 

日本航空(JAL)が破綻した時、大きな売りポジョンを持ち、多額の利益をあげたこともあった。
その時もニュースの過去情報を積み上げ、JALの先行きが自分の中でイメージできたからこそ動いたのだ。

 

実はJALのトレードには、過去の失敗も大きく影響した。
2003年に上場廃止となった足利銀行株で、彼は一気に700万円を失った。
大臣が「つぶさない」と言った一言を信じすぎて、その後の変化をとらえることができなかったからだ。

 

ポジションを抱えている時、変化を示唆する情報を目にしても、
多くの人は自分に都合のよい判断に偏りがちだ。

 

彼は、「投資はあくまで儲けるためと割り切るべき」と言う。
『生活費の足しに』とか考えると、冷静な判断ができない」と言う。、
「例えば、仕事で上司に文句を言われても、ほとんどの人が我慢するでしょう。
損が目の前あると不安になって『ナンピン』したくなったりもするけど、絶対にダメ。我慢しないとね」と語る。

 

真剣かつスピードが求められるトレードをしながら、ツイッターで情報発信をし続けるのはなぜなのだろう。
人に情報を広めるためか・・・そうではない。
答えは・・・

「忘備録」だ。書き留める時間すらないため、ツイッターに打ち込んでいるという。
だとすれば、情報満載のツイッターは私たちにとっても宝の山だ。

 

彼を真似て情報を少しずつでも積み重ねることができれば、
「億トレーダー」になることも夢ではないのかもしれない。

 

実践者が多いトレード教材

”1か月で5000万円稼いだトレーダーが伝授” 成功者続出!!初心者から片手間で月300万円稼ぐ株式投資錬金術

 



《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

 


【利益50万円保証】パラダイムトレーダーFX

 


【支持されて5周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、最速のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版

 

 

関連ページ

トレーダーBNFの名言集
ジェイコム男こと伝説のトレーダーBNFの名言集をご紹介。ここにトレーダーの真髄と稼ぐヒントが隠されているかも知れない。
有名トレーダーcis
株式投資家cisは、株式投資だけでなく日経225先物取引や日経225オプション取引も行っている。トレードスタイルは、デイトレードやスイングトレードと呼ばれる短期取引手法をとっている。
有名トレーダー 神王リョウ
28歳の時すでに株で30億円稼いだ男神王リョウ (かみおう・りょう)のトレーダーサクセスストーリーをご紹介。
石原順(西山孝四郎)
FXを中心にトレードをしている現役トレーダー。名前は2つあります。石原さんご自身のブログでは、日々の相場状況をアップしています
有名トレーダー佐藤孝法
システムトレードの大御所、ジョン・R・ヒルに師事しトレード手法を確立。主に外国為替のトレードを中心に活動している。
天才トレーダー平田和生
元メリルリンチ証券No1セールストレーダーであり、UOBアセットマネジメントの代表取締役である平田和生。世界の投資家から賞賛と信頼を得ている。「株ドカン」の総責任者でもある。
有名トレーダー 杉山てつや
毎月300万稼ぎ続け2013年5月には5000万の利益を上げた桁違いのトレーダー。全国で初心者でも稼げる株セミナーを開催している。

FX業者 トレード用語集 デイトレード教材比較 トレード心得