デイトレの失敗例からトレード法を学ぶ

売買手数料の落とし穴

フリーターのSさん、手持ち資金は少ないのですが、定職に就いているサラリーマンなどと違い、
時間はたくさんあり、好きに使える身分のため、これはいけると考え早速
証券会社に口座開設をして入金も済ませました。

 

ここでいう「デイトレード」とは、「株を秒単位という短時間で細かく取引をして稼ぐ方法」のことで
値動きの激しい株に注目をして、1日に何度も取引をします。
パソコンの画面を一日中見ていなければなりません。

 

入金を済ませたSさんは早速行動に出ます。
Sさんが注目をした株は「XXバイオテクノロジー社」という、
バイオ業界のベンチャー企業でした。

 

研究していた新薬が承認されたり、ガンや糖尿病などに効果のある薬の承認されたりして
事業が軌道に乗れば、大儲けできるジャンルでもあります。

 

しかしその反面、研究開発費などに巨額の費用がかかる業界です。
赤字の会社も少なくなくありません。当たればリターンも大きいのですが、
投資をするには非常にリスクの高い業界でもあります。

 

特にXXバイオテクノロジー社の1日の株価の値動きは激しく、
デイトレーダーの間では有名な企業となっていました。

 

株式市場が開く朝9時、Sさんのデイトレードへの挑戦が始まりました。

 

アルバイトで貯めた20万円を使い、手元には本屋で購入した
デイトレードの指南書を片手に、毎日コツコツとマメに売買を繰り返していきました。

 

まずは今の手持ち資金の20万円を、とにかくできるだけ増やすことが当面の目標となります。

 

時間はたっぷりあるSさん、毎日パソコンにはりつき、
その日の儲けや損をエクセルの表に入力をしていきました。

 

◆1日目・・・+5,000円

 

◆2日目・・・−1,500円

 

◆3日目・・・+2,000円

 

◆4日目・・・−3,000円

 

◆5日目・・・+1,000円

 

      ・
      ・
      ・

 

このように、勝ったり負けたりしながら1ヵ月が経過し最終的に
1ヵ月の儲けを計算してみると、儲けは1,000円となりました。

 

もっと大きく儲けるつもりでいたSさん、こんなものかと思いましたが、
取引にも慣れてきたため、来月こそは大きく儲けてやろうと、
気持を新たにするのでした。

 

しかし、証券会社の口座残金を確認してビックリ!
19万円弱しか手持ち資金が残っていません。

 

20万円を使ってデイトレードを繰り返し、儲けは1,000円でしたが、
マイナスになっている・・・

 

でも、冷静になってよく見てみれば「取引にかかる売買手数料」
が引かれていることに気付き、株取引をすれば損得に関係なく
取引手数料分は確実に差し引かれていきます。

 

手数料定額タイプを選択していたSさんですが、
毎日のように取引を繰り返せば、手数料のコストは
運用利回りを確実に下げてしまいます。

 

「デイトレードは労力の割に儲からないな、アルバイトをしていた方が確実に儲かるよな・・・」と、
落ち込んでしまったSさん。
明日からデイトレードをしようという気力がなくなってしまいました・・

トレードのことばかりに意識が行ってしまいがちだが
実際は証券会社に「取引手数料」を支払っていることを忘れてはならない。

低位株で大損

思っているほど株の敷居は高くない。
数千円?数万円で買える株もたくさんある。
これを「低位株」と言います。

 

低位株とは、その呼び名の通り、株価が安くなっている株のことです。
地味で人気のない株は放置され、安い価格で売買されています。

 

こういう株は、ヒット商品やニーズの変化により、市場で注目を集めると、
一気に吹き上がることがあります。
資産が、何倍にも膨れ上がるお宝銘柄です。割安株とも呼ばれます。

 

悪い低位株は、業績の悪化、不祥事などの悪い理由で株価が下がっている株のことである。
または大量売買で、1円の上げ下げで儲けようとする「投機家」により
マネーゲーム化されている株です。
ボロ株と呼ばれることもあります。

 

はじめての売買で臆病になっていたのと、大儲けしたいという欲望が膨らみ、
1株40円の低位株を4,000株購入しました。

 

その企業は「バルブ」を製造・販売している中堅メーカー。
バルブは、ガスやタンクといった配管で使われている弁のことです。
意識しないと気づきませんが、工場や乗り物などいろんなところで使われています。

 

なぜこの株を買ったかというと、証券会社のレポートか何かで、
「バルブは海外での需要が増える」みたいなことを書いてあったためです。

 

無知な私は「確かに!しかも株価激安!いい情報掴んだぜ!」と
舞い上がります。この時、私の頭の中は、「投資」ではなく「金儲け」になりました。

 

株価が1円上がるだけで、4千円も含み益が出ます。株って楽勝やなと思いました。

 

ところがすぐに株価は下がり始めます。
2円下がった日は、8千円の含み損です。
そんな感じでどんどん下がりました。
最終的に、6円下がった2万4千円で損切り(売り)。

 

金額は少ないかもしれませんが、はじめての取引でショックな出来事でした。

 

敗因は、
・ろくに調査せず、レポートの言葉を信じた
・バルブのことを何も知らない
・金に目がくらみ投機化していた

 

株は、集めた情報を自分で読み解き、自分で投資に値するかを判断しなくてはなりません。
バフェットは、隅々まで決算報告書などの資料に目を通すようです。

 

企業の情報は、IRや適時開示で公開されているため、誰でも入手できます。
勉強して、情報をきちんと処理できる能力を身につけることです。

 

安いからといって、むやみに手をだすのはやめておきましょう。
安物買いの銭失いになってしまいます。

株主優待、配当金で大損

株主優待とは、権利日に株を保有することで、
商品や割引券などの優待品がもらえる株主還元です。

 

「月曜から夜ふかし」の桐谷さんのおかげで、株主優待の有名になりました。
配当金も同じ仕組みで、こちらは現金でもらえます。

 

私はいつしか株主優待を獲得するのが、コレクションみたいな感覚でいました。

 

つまり、権利確定日を狙って、株主優待を獲得するためだけに、売買を繰り返したのです。

 

やり方は単純で、安いときに株を買って、権利日が過ぎたら売る。
その資金で、次の銘柄に投資するという繰り返しです。

 

通常、優待銘柄は、権利日に向けて株価は上昇します。
権利日が過ぎると暴落します。
皆、株主優待や配当金が欲しいので、権利日が過ぎたら売るのです。

 

仕組み上、たった一日(権利日)、株を保有しているだけでも、
株主名簿に名前が載り、株主優待がもらえます。

 

その後の動きは銘柄によります。
すぐに上げることもあれば、ずるずる下げて戻ってこないことも。

 

これの何が問題かというと、一つは手数料です。
売買する度に、証券会社に支払う手数料が発生します。

 

それと、目先の株価ばかり追ってました。
権利後に暴落しても損が出ないような買い方をしていました。
この方法、やり方によっては、キャピタルゲインで成果を出せたと思います。
もちろん、予測が外れて、株主優待以上に損をしたこともあります。

 

また、数千円のために、毎月の権利に合わせて売買するのに疲れました。
つまり、スイングトレード(短期売買)をしていたことになります。
決算が多い3月や9月は、銘柄選択だけで大変でしたね。

 

敗因は、
・数千円の株主優待のために、リスクを犯しながら売買した
・手数料の無駄
・中・長期保有することのメリットなし

 

結果的に株主優待で、お得な思いはしましたが、
それ以上のビッグチャンスを失っていたかもしれません。
目先の利益にとらわれすぎて、大きな魚を逃さないよう注意してください。

 

バフェットの投資のように、企業のよさを大切にし、
中・長期的な展望で「投資」を行った方が賢明です。

 

Yahoo掲示板で大損

株に手を出した人なら、誰もが一度は見たことがるであろうサービスが「Yahoo!ファイナンス」です。
ここには、銘柄ごとに掲示板があり、日夜、情報が飛び交っています。

 

ここで情報を仕入れ、儲かりそうな株を探していました。
狂ったように毎日見ていた時期もありましたね。

 

今思えば、有益な情報など、何一つありませんでした。
あったとしても、見抜けませんでした。
肯定派も否定派もいます。煽っておもしろがっている人もいます。
株価を先読みできる人なんているわけありません。
それができれば、証券会社の人はみんな大金持ちです。

 

損したときに、自分と同意見の人の書き込みを見て、
心を慰めるだけでした。時間の無駄でした。

掲示板は誰でも著名で書き込みができるので
鵜呑みにすると危険です。
情報を見抜けるスキルが結局は必要になります。

 

 

人気のトレード教材

 

株ドカン



《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

 

 

株式投資錬金術


”1か月で5000万円稼いだトレーダーが伝授” 成功者続出!!初心者から片手間で月300万円稼ぐ株式投資錬金術

 

 

パラダイムトレーダーFX


【利益50万円保証】パラダイムトレーダーFX

 

 

恋スキャFXビクトリーDX完全版


【支持されて5周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、最速のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版

推奨銘柄を鵜呑みにして買う

セミナーや雑誌、投資顧問などの推奨銘柄を何も考えず
鵜呑みにして買って買ってしまう人がいます。

 

株式市場は、研究、勉強し、経験値を上げることで勝つ確率が上がります。
銘柄を教えてもらうことは悪いことではないが、どうしてその銘柄を買うのか?
どういう会社なのか?などをしっかり考えて経験値をあげないと意味がない。

 

うまくいった場合、失敗した場合で、その理由を考えることが財産になります。
勝つことだけ全てではありません。
経験値を積むことが大切になります。

投資額の上限を決めずにやると・・・

資金10万円で株式のトレードをしても売買単価や手数料の関係で
実際に売買できる銘柄が少ない。
具体的には資金10万円なら株価100円の銘柄を1000株1円抜きして利益は1000円。
手数料が500円だとすると最終的に利益は500円となる。

 

ネット証券の一部では売買代金10万円まで手数料無料のところもある。
その範囲でやると、やはり利益は出しにくい。
信用取引をするなら最低30万円は必要で、余裕を見ると50万円程度は必要だろう。

 

初心者で気楽な気持ちでも10万円からデイトレを始める人がいる。
しかし、実際は1万円2万円と損すると、それを取り戻したくて追加で
10万円、20万円と証券口座に入金して泥沼化する。

 

デイトレを始めるなら投資する資金の上限は絶対に決めるべきだ。
最初は10万円のつもりが、最終的に数百万も投資してしまう人もいる。


FX業者 トレード用語集 デイトレード教材比較 トレード心得