トレーダーで稼げグための銘柄選び

スタイル別の銘柄選び

スタイル別の銘柄選び〜短期投資目的
短期投資目的は流れに乗ることが重要

 

2〜3ヶ月に1回大きく見直しを行っていき、数十%のパフォーマンスを求めていく投資スタイルです。
うまく流れに乗ることが出来れば最も良好な結果を残せる手法です。

 

流れを捉えていくのには経済動向や米国の動向、中国の動向、金利動向、政策動向など
さまざまな環境の変化に対応して考えていかなければ的確な運用は不可能です。
投資ファンドの世界では市場の平均値を上回れるかどうかがひとつの目安となります。
素人判断だとこの市場平均を上回ることすら容易ではないのです。

 

つまり日経平均は下落すると自身の資産も減少してしまい ます。
どんな相場状況でも結果を残し、良い結果を出していくには相当の質の高い情報が求められましょう。

 

どんな相場状況でも良好な結果を出していくには当然ですが、
下げているときでも常に前向きに相場を捉えていかなければなりません。
上昇して強気になり、下落して弱気になるというやり方では到底この投資目的で成功することはできません。

 

また、経済状況を無視してこのスタイルを維持しようと思ってもかなり無理があります。
米国の経済動向や金利、政策、業績動向、など様々な状況の変化に対応して行かなければなりません。
パフォーマンスも一番上がる方法ですが、最も難しい投資判断が求められる投資スタイルといえまし ょう。

 

この投資スタイルでの銘柄選びに必要な情報は

経済情報(米国や世界経済の動向、金融動向、政策動向、ニューヨーク株式市場の動向)
産業情報(自動車産業や半導体産業、住宅産業など)
企業情報(業績動向、競争力、製品サービス情報、財務情報など)
株式情報(チャートや株価情報、日々の材料)

 

など多岐にわたります。

 

たとえば、2008年10月の暴落チャンスで日本製鋼所(5631)を選択すると
その後劇的にパフォーマンスは上がる結果となりました。
ソニーでもなくトヨタでもなく三菱UFJ銀行でもなく日本製鋼所を選択することが求められたのです。
その背景には中国の原子力発電所の発注ラッシュ、環境問題
世界NO1の技術力など様々な背景があるのです。

 

瞬時に求められるため事前 の情報が重要となります。

 

 

スタイル別の銘柄選び〜中長期投資目的

 

投資期間は数年にわたってより大きく取っていくスタイルです。
数倍のパフォーマンスが求められます。
この場合も決して購入したら買いっぱなしではなく、最初の投資から時間の経過とともに見直していき、
より良いものへとシフトしていくことが求められます。

 

日本企業でこのような投資対象を選択することは難しい面があります。
高度経済成長のときと異なり、今は数年にわたって高成長状態を続けていくことが難しい時代です。
しかし、その中でもそれに見合う企業はあります。
これらに投資対象を絞って行く作業が必要となります。

 

この場合もやはり多面的な情報が必要となります。
時代のニーズをつかみ大きく成長していくような企業、ごく一部の人しか情報は持っていません。
逆に多くの人が情報を持つほど、すでに株価には織り込まれており、
ほとんどその情報は有効にはなりえないのです。

 

自分が知らない情報であっても株式市場に参加している人たちの間では
当たり前であったり、証券マンにとっては当たり前だったりすれば情報の価値は無に等しいのです。
いかに承知の事実になる前の早い段階でそれをつかんで投資に役立てるかが重要です。

 

ましてや世界を相手にする企業であったり、技術力が勝負の企業であったり、
ある特定の地域から始まって大ヒットするサービスを提供する企業情報は
個人投資家ではなかなか知りえません。

 

日本企業だけでも上場企業は4500社以上あります。
この中から真贋を見抜くには一面的な情報だけでなく多面的な情報が必須です。
プロは直接企業への訪問取材などでこのような質の高い投資情報の入手に努めています。

 

 

スタイル別の銘柄選び〜短期投機目的
短期投機目的はギャンブル?

 

いわゆるデイトレやスイングトレーダーなどと呼ばれる売買手法です。
勘や感覚、売買手法などが求められます。

 

時間的にも相場に張り付いているか、携帯電話の画面を見ながら行うなど
かなり慌しい売買となるでしょう。

 

プロの自己売買のディーラーなどと渡り合って長年に渡り勝ち続けることは至難の業です。
時間的にも精神的にも金銭面でも相当のゆとりがないとこの手法で財産を築くことは難しいでしょう。
お客様によっては信用取引などで現金以上の相場を張っていくため、
家を失うほどの不幸に見舞われることもあります。
素人はとにかく手出し無用の世界です。お勧めできません。

 

リーマンショック、投資銀行 、ヘッジファンドの破綻などもプロによるこの短期投機の大失敗が主因です。
ポジションによって一気に状況が変わってしまうのが常です。
いろいろな意味で余裕がないととてもお勧めできません。

 

この場合は企業の内容や経済状況よりもとにかく最大の関心事は株価の動き、
チャート、テクニカル指標、材料への反応となります。
この手法では需給関係やテクニカル指標などの株式市場情報が最も重要となります。
いわば企業の内容は関係なく株価の値動きが最重要となります。
チャートは必須でロスカットなどの売買手法売買ルールの徹底が重要となります。

 


”1か月で5000万円稼いだトレーダーが伝授” 成功者続出!!初心者から片手間で月300万円稼ぐ株式投資錬金術

 



《完全無料》即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

 


【利益50万円保証】パラダイムトレーダーFX

 


【支持されて5周年】FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、最速のスキャルマジック- 恋スキャFXビクトリーDX完全版


FX業者 トレード用語集 デイトレード教材比較 トレード心得